FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

虎番日記

阪神タイガースをこよなく愛するブログです。時には優しく、時には厳しく今季の虎の戦いを見つめます

オ・スン・ファンはNG 

12.10 タイガースの守護神オ・スン・ファンが韓国検察当局の取調べに対し、賭博容疑の一部を認めた、スポーツ各紙が報じた。

やはり、というべきか。噂のあった当初からの懸念が図らずも当たってしまった。
これでタイガースはオ・スン・ファンとの残留交渉を打ち切るだろうし、守護神不在という事態となった。

入団以来、2年連続でセーブ王となったオ・スン・ファンだが、1年目と比べ今シーズンは打ち込まれるシーンが度々あった。


そもそもクローザーは球種が少なくても通用するのだが、、オ・スン・ファン自慢の石直球も昨年ほどの球威はなく、球速も150キロを超えることはなかった。
ヤクルトのバーネットクラスのストレートならまだしも、甘く入れば狙い打ちされるだろう。

最終回に同点、逆転のホームランを浴びたことが何度あったことか。

賭博容疑がかかった以前に、さらに年俸を上げてまでして契約更改する必要があるのか、疑問に思ってもいた。

とはいえ、年間40セーブを挙げた守護神がいなくなるのもチームにとっては大きな損失だ。

来シーズンの守護神はどうなるのかー。
福原はシーズン通した登板がてきるだろうか。
球児はかつての球威、球速が戻っているか。
外国人は投げてみないと分からないー。
松田はまだ早いだろうし、そもそも中継ぎで打ち込まれている。
能見の転向はあるか。

いずれにしても現時点では誰も計算できるところまではいかないのだ。
やってもいないのだから当然といえば当然。
チーム編成の遅れも必至だろうが、まだまだ時間はある。

大きな不安要素が浮上したことは事実だが、いつまでも愚痴ってばかりでは前に進まないのだ。
むしろ、これから誰が守護神となるのか。
楽しみが増したと考えたい。

高いカネをつぎ込んで、補強しまくって優勝を勝ち取っても栄光は長くは続かない。
地に足がついた選手の育成とバランスの取れた補強があってこそ、実りの秋がやってくる。
金本監督にタイガースの明日を託した以上、守護神探しについても辛抱、我慢が必要ではないか。

オ・スン・ファンのことはきれいさっぱり忘れてしまって、金本新監督をはじめ、香田投手コーチら現場とフロントがどんな策を講じるかを見守りたいと思うのだ。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村



ラクトフェリン+ラブレ

【股関節症改善プログラム】
スポンサーサイト



Posted on 2015/12/10 Thu. 11:39 [edit]

鳥谷はこんなもんじゃない 

11.26  金本新監督が鳥谷に打順別の指令を出した、と今朝のスポニチ電子版が報じた。

昨日の読売テレビの番組に生出演し、1番なら盗塁を倍に、3番ならホームランをもっと打て、という内容だ。

確かに金本新監督の指摘は的を得ている。
メジャー挑戦の夢をあきらめて臨んだ鳥谷は今シーズン、盗塁が9、ホームランに至ってはわずか6本に終わった。

143試合フルイニング出場はさすが、というしかないが、打撃成績で観る限り、不本意なシーズンだった。

かつては盗塁も16を記録したこともあり、ホームランも20本打っていたことを考えると、金本新監督の叱咤激励もあながち絵空事ではない。

そもそも、鳥谷がベストナイン、ゴールデングラブを連続で受賞したのが、ちと理解に苦しむところではある。
早大時代からの鳥谷ファンを自認する小生としては、やや心苦しいのだが、負の選択なのかもしれない。

というのも、セ・リーグのショートで不動の地位を保っているのは、鳥谷の他には巨人の坂本ぐらいしかいないのだ。
広島の田中が来シーズン、過去最高の活躍すれば別だが。
ヤクルト、中日、DeNAは固定すらできていない。

その坂本だが、打率.269(鳥谷.281)、ホームラン12本(鳥谷6)、打点68(鳥谷42)、盗塁10(鳥谷9)と本人にしては精彩を欠いたシーズンだった。

打率こそ鳥谷が坂本に差をつけているが、そのほかでは坂本の方が上なのだ。
唯一誇れるのは出塁率で鳥谷は.380でリーグ4位、坂本は.353で同10位だ。

守備面でも、坂本の失策は11で、鳥谷はこれを上回る14も記録した。

ま、数字だけでは判断できないが、鳥谷の守備力の衰えが目についたシーズンだった。
年々守備範囲が狭くなり、球際にも力強さがなかった。

それでもスポーツ記者には、リーグNo.1ショートは鳥谷という評価なのだから、数字に表れない貢献度というものがあるのだろう。

鳥谷も来年で35歳を迎える。
まだまだ老け込む歳ではないが、ショートという最も過酷なポジションで、しかもフルイニング出場というのは相当しんどい。
小生は、まだ2年ぐらいはショートを守ってもらいたいと思うのだが、フルイニング出場へのこだわりをそろそろ捨てる時期に来ているのではないか。

金本新監督が指令を出した打順別の成績は勿論達成可能であり、鳥谷の潜在能力からすれば、もっとレベルの高い数字が期待できる。

トリの力はこんなもんじゃないー。
来シーズンこそ、鳥谷の本来の姿を見せて欲しいものだ。
そして真のベストナイン、ゴールデングラブに輝いて欲しい。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村



ラクトフェリン+ラブレ

【股関節症改善プログラム】

Posted on 2015/11/26 Thu. 11:23 [edit]

FA高橋聡文は買い得か? 

11.13  タイガースが中日からFA宣言した高橋聡文の獲得を発表した。

欲しかった左の中継ぎだけに期待も大きいだろう。

Cランクなので、代わりに差し出す選手も不要。
いいことずくめの獲得のように思える。
あとは期待通りの活躍をしてくれるかどうかー。

高橋聡といえば、中日の投手黄金時代の一翼を担った中継ぎだ。
左上手から繰り出すストレートは140キロを超え、左キラーとしてつとに有名だ。

ただ、中日が全力で慰留に努めなかったのは、いろいろな理由があるのだろう。
今季の成績は35試合、3勝3敗6ホールド、防御率3.51。

登板数が思ったほど多くなく、防御率も並だろう。
優勝した10年と比べると、けがの影響もあってやや試合数が減った。

高橋聡の特長は球威のあるストレートを真っ向から投げるイキの良さだが、半面コントロールを乱すこともあった。
左打者用に登板してきて立て続けに四球連発というシーンも見られた。
また、けがが多くシーズン通じての登板が見込めないという懸念材料もある。

とはいえ、タイガースの中継ぎ陣の現状を考えると、信頼のおける左は高宮1人しかいない。
筒井はシーズン通じての活躍ができなかったし、育成から這い上がった島本もシーズン序盤だけだった。

高橋聡は年齢的にもまだ32歳で、球威のあるストレートが戻れば今シーズン以上の登板数、ホールドが期待できるだろう。
獲得交渉には、金本新監督も電話でラブコールを送った。
タイガースにとっては、ノドから手が出るほど欲しかった左キラーだ。

合意した契約条件は、3年契約で計1億5千万円という。
高橋聡の今季の年俸が3千万円だから、FA移籍とはいえ、破格の厚遇といえるだろう。

中日なら、ここまでの金額を提示しなかったたろう。

高橋聡が高い買い物だったのか、それともいい買い物だったのかー。

期待通りに左のセットアッパーという重要なピースとなるか。
来シーズン以降、チームの浮沈のカギを握るキーマンとなることは間違いないだろう。


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村



ラクトフェリン+ラブレ

【股関節症改善プログラム】

Posted on 2015/11/23 Mon. 19:09 [edit]

球児が戻って来る 

11.14  サンスポ電子版によると、藤川球児がタイガースとの契約に合意したと速報で伝えた。

球団も間もなく正式発表する。古巣への復帰、まずは良かった。大いに歓迎する。

球児のNBP復帰を巡っては、ヤクルトが先行し条件提示も済ませているとの報道があった。
これに対し、タイガースは金本監督が就任直後、球児へラブコールを送ったことで獲得へのゴーサインが出た。

出遅れを心配していたが、金本監督の熱意が球児の心を動かしたのだろう。

四国ライランドリーグ高知では、先発もしたり、もう肘痛の心配がないところをアピールしていた。
タイガースが球児を先発で使うのか、それとも中継ぎなのかー。
起用法はこれからだろうが、ファンの楽しみがまた増えたことは間違いない。

それにしても、4年ぶりの復帰とは月日のたつのも早いものだ。
カブス移籍からもう4年になるのか、と感慨深いものがある。

あの、火の玉ストレートが再び見られるのだろうかー。
メジャーで習得したというチェンジアップやツーシームなどの変化球もぜひとも見てみたいものだ。
背番号はどうなるのだろうか。
22番はオ・スン・ファンがつけているし、何番をつけるのだろう。
これも楽しみのひとつだ。

球児効果は他にもある。
鶴をはじめ、伸び悩んでいる若手への刺激は計り知れないだろうし、投手陣全体の底上げも大いに期待できる。

営業的にもレジェンド復帰で大いに潤うだろうし、球団としてはまずは万々歳といったところか。

あとは、球児がどんなパフォーマンスをゲームで見せるかー。
かつての火の玉ストレートでもいいし、メジャーでの経験を生かしたニュー球児でも勿論いい。
まずは宜野座でのブルペンの投球をぜひ見てみたいものだ。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村



ラクトフェリン+ラブレ

【股関節症改善プログラム】

Posted on 2015/11/14 Sat. 16:30 [edit]

監督2人が目立つようじゃ… 

11.08  秋季キャンプたけなわのタイガース。メディアも連日、多くのスペースを割いて報道している。

しかし、目立つのは金本、掛布の1、2軍監督の話題ばかり。
主役であるはずの選手たちはどこへ行ったのかー。

確かに話題の2人ではある。
金本新監督の誕生は虎党が待ちに待ってたニュースだし、掛布2軍監督もオールドファンならずとも期待で胸がワクワクさせている。

しかも、そろいもそろって6と31の現役時代の背番号を身にまとうのだから、ファンにはたまらないだろう。
キャンプ地の安芸、残留組の鳴尾浜とも連日、ファンで大入りといい、球団営業サイドや出入りの業者らはホクホクだろう。

勿論、打撃理論に長けた2人のこと。
単なる客寄せパンダではないことは当然だ。

金本監督は期待の若手の大砲候補・江越、陽川らを個別に指導し、力いっぱい振ること意識づけを行っている。
フルスイングの重要性は、監督の持論であり、タイガースの若手に最も不足していた。
当てるだけの打撃が目についた大和などは覚醒したかのように、連日フェンスオーバーの大飛球を放っている。

金本監督は走塁にも時間を割いて、選手たちに走る意識を植え付けようとしている。

監督の目指す攻撃野球はいちいちもっともで、これまで和田虎が1番欠けていた点だ。

掛布監督の熱血指導も金本監督に劣らない。
卓越した打撃理論には定評があるが、時間がかかる若手の育成に付きっ切りで当たっている姿には頼もしい限りだ。
昨年からチルドレンの1人、横田の指導に最も力を入れていて、徐々にではあるが、将来の大器の片りんをのぞかせようとしている。

7日には、金本監督も鳴尾浜を訪れ、掛布監督とともに横田の成長ぶりに目を細めたという。

若手中心の秋季キャンプなのだから、主力のニュースが少ないのは致し方ないところ。
しかし、連日金本&掛布フィーバーの記事ばかりなのは、いささか食傷気味だ。
この調子だと、春の宜野座、安芸キャンプも金本&掛布が紙面を飾りそうである。

勿論、若手のニュース、話題もあるにはある。
しかし、それも金本&掛布絡みで単発でしかない。
刺身のツマとはいわないけれど、添え物程度の扱いでしかないような気がする。
中でも投手陣のニュースがほとんど目にしないのは寂しい限りだ。

キャンプの主役はあくまでも選手たちなのだ。
主力級のほとんどが参加していないキャンプだが、ここで目立てば春の宜野座キャンプへの参加が認められる。

若トラたちがもっともっと目立って、来季への期待の星となってほしいものだ。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村



ラクトフェリン+ラブレ

【股関節症改善プログラム】

Posted on 2015/11/08 Sun. 10:23 [edit]

プロフィール

<PR>楽天

カレンダー

<PR>明治

最新記事

<PR>マックスシステム

最新トラックバック

<PR>ライオン

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ